森林戦のTips

意外と奥が深いし、マイクロも激しいんです

 

 

基礎編

 

  • 平押しがStandard

 

森林では、ユニットの射程や視界が極端に短くなるため、敵を的確に捕捉するためには、戦力を広げて配置する必要がある

 

 

森林では、歩兵を守るものは何もない。よって、歩兵だけでなく、それを運搬する車両の攻撃も大きな火力となりうる。ELITE(特殊部隊)歩兵は単体で高火力だが、WGの仕様上同時に一方向にしか攻撃することができない。そのため、同コストのshock(突撃兵)歩兵やnormal歩兵2ユニットを当てられた場合、ELITE歩兵はその力を発揮できず、敗北してしまう

 

KORPS MARINERSは優秀な特殊部隊だが、同時多方向からの攻撃を受けると即スタンで戦闘力を失う

 

故に、森林戦の基本は数の平押しである。 

これだけ書いてしまうと、大抵のプレイヤーがやるように、スタックした大軍が出来上がってしまう

 

大切なことは、森林では歩兵の身を守るものは何もないということである。防御ボーナスを持たない歩兵は、砲爆撃で容易に消滅する

市街地の歩兵は大きな防御ボーナスを持つ

 

平原に歩兵を固めると一瞬で全てを失うことになる

 

戦力を固めることは避けよう

 

  • 車両をうまく使う

歩兵は対戦車火器と分隊支援火器を併用することができない。

もし、歩兵戦が起きている場所に車両が突入した場合、操作されていない歩兵は対戦車火器を使用せず、車両に攻撃され続けることとなる。

 

 

YPR-765の機関砲支援を受けたSTOOTTROEPENが一方的に生き残った

 

また、歩兵戦で士気の下がった歩兵は対戦車火器の命中率が下がり、装甲の薄い装甲車でさえ破壊するのに苦労する

特に、正面装甲の厚い車両は対戦車火器で破壊されにくいため、特に大切に扱おう(Marder2やMerkavaⅡa、BTR-T等)

 

  • 最高級戦車の利便性

 

正面装甲が22以上のものを最高級戦車とする

対戦車歩兵を除き、歩兵のAPは24が最高なので、最高級戦車はこの攻撃を4発耐えることができる。

 

森林戦では複数に同時に攻撃されるリスクが高いため、3発以上耐えられるか否かは、持続的な装甲火力の運用をする上でとても大切

 

 

また、最高級戦車は、最高級戦車から車両、対歩兵にいたるまで、ほぼすべてに対応できるため便利

 

  • 中級戦車の必要性

平原で戦うには不向きな、65-90pt帯の戦車は森林戦での利便性が高い

 

T-80やM11P、LEOPARD2等

 

正面装甲が15-18あるので、歩兵の対戦車火器、最高級戦車の攻撃に1発は耐えることができる。最高級戦車1台分のポイントで2両出せることがメリットで、2両セットで運用した場合、至近距離においては最高級戦車を撃破することが可能である。

また、砲門数が増えるため、車両や歩兵相手の処理能力も増える

 

 

 

コストが安く、数も出せるので、積極的に側面を取りに行ったり、単機で前線に押し出したりと、リスクをとった行動をさせやすい

 

  • 民兵の価値

実用的な対戦車火器や分隊支援火器を持たない民兵は壁にしかならないため使い勝手が悪い。安いnormalやshockのほうがマシ

 

 

 

実践編

 

  • ユニットをスタックしない

アタックムーブでスタックした歩兵や車両が戦闘に突入した場合、その一部しか戦闘していないことがある。

あらかじめ分散した上でアタックムーブすることで、これを防ぐことができる

その他のメリットとして、ここのユニットで目標を選択できるため、複数のユニットで単一のユニットに対し、射線を複数確保できるということがある。これにより、ここのユニット性能以上の戦闘効率を実現することができるし、ユニット単位で武装を切り替えられるため、車両にも対処しやすい

 

  • 追い込み漁を意識する

上手いプレイヤーほど、高級ユニットを守り、活用することができるため、これを正面から撃破することは難しくなる。よって、戦域は横へ横へと広がり、広げた戦力を適切なタイミングで集中させることで、撃破するチャンスを広げようとする。

 

 

 

ただし、これを意識する上で一番大切なのは、あくまで大雪なのは正面で起こる戦闘であるということである。裏取りや側面に集中して正面が突破されてしまえば、それは本末転倒だし、それらの操作に気をとられて、大切なユニットを失ってしまっては逆に不利になってしまう。

レッテル張りをするわけではないが、こういう裏取りに躍起になるプレイヤーはとても多い。そしてその結果正面をおろそかにしているプレイヤーがほとんどである。

基本は正面、裏取りや側面はスパイス、この意識を忘れないようにしよう

 

 

応用編

 

  • 浸透するということ

 

このLSTRはこの後、modernaをもう一両破壊し、cvを発見した

 

わずか1ユニットでも輝けるのが森林戦の魅力。ただし、前述の通り、これらの操作に気をとられて正面をおろそかにしないこと