ユニットと基本操作

今回の記事は4:00までの内容

 

 

まずWGRDをはじめたすべてのひとが戸惑うのがユニット操作の複雑さです。おおよそ、一般的なRTSやMOBAでは右クリックがユニットの移動コマンドです。

一方で、WGRDの地上ユニットは大きく分けて4種類の移動コマンドがあります

 

  • 通常移動(右クリック)

 

右クリックによる移動はユニットを自由に動かすことができる。速度はユニットカード左下の数値と路上の性状に依存する

右クリックによる移動はユニットを自由に動かすことができる。 速度はユニットカード左下の数値と路上の性状に依存する

 

85cc107fac0755f01551dd763f18416a

 

 

 

  • 高速移動(コマンドパネル及びショートカットキー)

 

高速移動で移動した場合は路上速度が適応される

高速移動で移動した場合は路上速度が適応される

高速移動は目標まで最短経路の路上を走行する

高速移動は目標まで最短経路の路上を走行する

 

通常移動と高速移動を比較した場合、後者のほうが明らかに早い。そのため、戦場の近くまでは高速移動、通常移動は細かく移動指定する場合というのがWGRDの基本です。

ゲーム開始後に新しく出した地上ユニットは操作しなくとも高速移動で走行します。頻繁に使用するため、ショートカットキーに登録しておくと良いでしょう

 

 

  • 後退(コマンドパネルおよびショートカットキー)

 

後退コマンドは指示した地点にバックする

後退コマンドは指示した地点にバックする

 

後退指示を出した場合、車両は後部を指定した地点に向けてバックします。

 

一方、右クリックで後退させる場合は正面を向けて移動します

敵が正面にいる場合、もっとも装甲の厚い正面を敵に向け続ける必要があるため、後退コマンドは非常に重要です

 

 

  • アタックムーブ(コマンドパネルまたはショートカットキー)

 

アタックムーブはWGRDの基本中の基本

アタックムーブはWGRDの基本中の基本

 

アタックムーブは敵を射程内に収めるまでは通常移動と同様に移動し、敵を射程内に収めた瞬間に停車、射撃を行う移動方法です

特に戦車や機関砲を持つ車両などでこれを使用します

通常移動よりも使用頻度が高く、半ばこちらが通常移動のような扱いになります

 

 

  • 降車(コマンドパネルまたはショートカットキー)

 

すべての歩兵は輸送車両または輸送ヘリに乗ってくる

すべての歩兵は輸送車両または輸送ヘリに乗ってくる

 

WGRDの歩兵はすべて車両または輸送ヘリにのって出てくるため、作戦行動に移るためには降車しなければなりません。その降車させるのがこのコマンドです

降車した歩兵は、空の輸送車両、輸送ヘリを右クリックすることによって歩兵を車両に載せることができます

 

 

  • 発砲禁止

 

対空砲以外の発砲禁止は細かいテクニック。慣れてきたらできると良い

対空砲以外の発砲禁止は細かいテクニック。慣れてきたらできると良い

 

発砲を禁じることで発砲した際の隠蔽剥げを防止することができます

 

 

  • 再編成

 

同種のユニットであれば4ユニットまで1つにまとめることができる

同種のユニットであれば4ユニットまで1つにまとめることができる

 

ユニットの管理がしやすくなります

 

 

  • 高度変更

 

固定翼機の高度を変更することができる

回転翼機の高度を変更することができる

 

対空砲や対空ミサイルは森によって射線が塞がれていると発砲できません。高度変更ボタンにより、高度を下げて森に隠れ射線を切るというテクニックがつかえたりします

 

 

  • ユーザーインタフェース左下のタブ

 

左から順にメニュー、チャット、航空機一覧

左から順にメニュー、チャット、航空機一覧

 

チャットはゲーム内だけでなく、特定フレンドに送信することも可能です

航空機一覧は航空機を保有している(購入している)場合、常時表示されるのがデフォルト。このボタンで表示非表示を切り替えることができます

 

 

  • ユニットを選択した際の画面中央下のタブ

 

ユニットの詳細情報

ユニットの詳細情報

 

ユニットの詳細情報を確認することができます。未確認ユニット(真っ黒の状態の敵ユニット)もこれをつかえば詳細がわかってしまう為、非常に便利です

ショートカットキーに登録して操作に余裕が出てきたら使うと良いでしょう